スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常から

(mixiより転載)

今日はスズランボウルでした。

関東と北海道の差をいろいろ感じる一日でした。


やっぱり〝強いチーム"とはどういうチームか?

ここにつながります。

〝強いチーム"というのは、

グラウンドで〝勝つためのプレー"ができるチームだとあらためて感じました。

このグラウンドで、〝勝つためのプレー"ができるというのは簡単なことではありません。
ましてや、運の問題でもありません。
その日(試合日)のコンディションだけの問題でもありません。


グラウンドで〝勝つためのプレー"をするために、日々どれだけの努力を重ねているのかが集約されて、
グラウンドでの一瞬、一瞬に現れます。

日々の練習はもちろんです。

そして

チームとしての規律を守ること。

自主練習。ウェイトトレーニング。〝食事"
コンディショニング。怪我予防。怪我のリハビリ などなど

また、それだけではなく、人としての成長もグラウンドでプレーに表れるでしょう。

しかも、それをグラウンドに立ちプレーする人間だけではなく、チーム全員が高い意識をもつ必要があります。

どれだけ普段、〝日常"から高い意識を持っているかが。

高い意識というのはその時、その瞬間に持つものではなく、日常から意識しないと本物ではありません。



今日、みんなで食事を食べました。

1742475614_81.jpg
今日いた人、いない人に関わらず、普段みんなが、どれだけ体づくりをしているかがわかったような気がします。

日常から高い意識で体つくりをしている奴と、
そうじゃない奴。
はっきりしています。

フットボーラーであるからには

体を大きくするのは必須です。当たり前、当然のことです。

体を大きくするためには、〝食べること"も必要です。
こんなことは当たり前のことです。

べつに苦しませるために食べてる、食べさせてるんじゃないと思います。
必要だから食べてる、食べさせるわけです。

今回のような日や合宿といった場だけで食べているような奴はすぐにわかります。そして、それじゃあ意味が全くありません。

そんなんじゃあ、いつも支えてくれいるマネージャーにも失礼だと思いませんか?
マネジャーがごはんついでくれるのは、強くなって欲しいからです。


食事は〝イベント"ではありません。〝日常"です。

いつも高い意識をもっている奴は、ふつうに食べます。
むしろ楽しんで食べます。

日常でしていない奴は、つらそうに食べます。



とにかく、〝日常"から高い意識をもつ必要があります。


一年生はよく頑張っていたと思います。今後が楽しみです。
マネージャーもよく頑張っていました。
これを日常から続ければ、プレーヤーの体が大きくなります。

俺らはチームです。
チームメイトに遠慮はいりません(笑)

また、

上級生の中にも笑顔で食べる奴、
キャプテンのヘルプを断り、自分で食べたやつもいました。
(食べ切れたかどうかは微妙ですが(笑)その心意気はすごく大切です)

チームの一部の奴だけではなく、チーム全員で高い意識を持ちましょう。




今回、食事を例にとって語りましたが、

これは食事に限らず全ての事です。

〝日常"の全ての事、チーム全員の意識・行動が、

グラウンドでのプレーにつながります。


グラウンドで〝勝つためのプレー"ができるように

〝日常"から高い意識を持ちましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。