スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〝個人技術"と〝個人戦術"と〝チーム戦術"

(mixiより転載)

〝勝つチーム"というのはどういうチームか?

これを考えることはとても大切です。

いろいろな意見があり、いろいろな角度から考察する必要があるでしょう。

いろいろあるからこそ、
ただ何となくではなく、
細部までしっかり考える必要があります。
そして、その考えを〝行動"に移す。形にする必要があります。

今回はフィールドプレーヤーが試合でしている事に焦点を当てたいと思います


フィジカルが強いチームがいいのか?
戦略的に優れたチームがいいのか?

結構迷います。

しかし、その二つだけでは勝てません。

どちらもバランスが大事です。一つだけでは意味がありません。

体(フィジカル)が良くてもでも、頭(戦術)が悪ければ体を生かせない。
頭(戦術)が良くても、それができる体(フィジカル)がなければ意味がない。

という事になります。
とにかくこの〝体"と〝頭"の両方を高い次元にもっていく必要があります。
( 心(メンタル)についてはここではあえておいておきます )

うちのチームはどうかな?

もっと言えば、このフィジカルと戦術の間にもう一つ重要な要素があります

それは〝個人戦術"です。(最近サッカーでよく使われていると思います)

アメフトは個人競技ではなく団体競技です。
つまり、1人で何かをするのではなく、必ず相手が存在します。

相手がいる状況で、自分の能力・技術を発揮するための技術が〝個人戦術"です。

わかりやすく整理すると

・リアクションの速さやウェイトトレーニングでの強さ、足の速さ、ヒットの強さ、ハンドテクニックなどが個人技術(体=フィジカル)

・相手がいる状況でブロッキングや走り方、タックル、ブロッカー処理、WRのルートどり、相手との駆け引きなどが個人戦術(体と頭)

ということになると思います。

〝個人技術"と〝個人戦術"をわけて考えることで、自分がやっている練習の意図がはっきりするし、反省も明確になると思います。

〝個人技術"の向上はもちろん、この〝個人戦術"の向上がとても大事になると思います。
そして、今うちのチームに必要なのはこの〝個人戦術"の向上ではないでしょうか?



次に〝個人戦術"と〝チーム戦術"の違いです。

これは


個人戦術→状況に合ったプレーをする為の見る・判断する・実行する

チーム戦術→何をすればいいのか、チーム全員が同じ事をイメージする

ということになります。

この違いがわかっていれば、ミーティングがもっと効果的なミーティングになると思います。
例えば、チーム全体ではチーム戦術に重点をおいてミーティングをし、パートや個人では個人戦術に重点をおいてミーティングをするというように。

【まとめ】

試合中のフィールドでは

『〝個人技術"を駆使し〝個人戦術"で各々が勝負する、そしてこの〝個人戦術"が合わさり〝チーム戦術"を遂行する』

ということになると思います。

みんな、どうでしょう?

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前に監督が教えてくれたことですね。

枠組みを明確にすることは大事なことだと思います。
目的を意識するうえで。

個人戦術はたしかに足りないと思います。
技術をどのように使っていくのか、という視点が
欠けています。それが、アジャストできない原因にも
なっていると思います。

今回のブログを読んで
「チームとして目指すものは何か」
という原点についても考えさせられました。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。