スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〝ビデオミィーティング"

(mixiより転載)

昨日(6/12)のコーチミィーティングはビデオを使った

〝ビデオミーティング"でした。

といっても…。

場所はオレん家。

メンツは、あたり前だけどいつものコーチ陣たち。

そんなこともあって

ただ単にアメフトが好きで集まっているという感じもありました(笑)

このただ単に〝何気なく"集まることができるのは大事なことだと思います。


今日の題材は2010関西リーグ『京都大学vs立命館大学』

(やはぎコーチから「京大が見たい」との意見で決定」)

激熱な題材です。

テーマは

〝京大・立命におけるオフェンスシステムの考察"
 ~北海道リーグでの戦い方を視野に入れて~

です。ちょっと立派にテーマ立てすぎ?(笑)

脱線するとテーマは〝なぜ京大は強いのか?″になってしまうことがあります。
京大の気持ちの強さはビデオ越しからもガンガン伝わってきます。

とにかく、みんなで試合を見て意見を言い合う。
そして、監督としてのオレの意見をコーチ陣に伝える。

この繰り返しが大事なことだと思っています。

オレが現役の時、自然と何気なく集まり、みんなでビデオを見て、そしてみんなで語りあっていました。

今年はそれが思い出されます。
「(オレの)同期のみんな、オレはまだあの時と同じような生活です(笑)うらやましいでしょ!?」

もう、数えきれないぐらい見た試合ですが

みんなで見ると、また違う発見がありとてもいいです。

思えば当初は最低月1回のつもりで始まったコーチミーティング。

いつのまにか週1、いや週2、多い時で週3(笑)

ずいぶん増えました。ただこれは必然です。

現役がやっているならコーチ陣も。

いつのまにか〝何気なく"集まっている。
そんなチームになれるように…。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

監督・コーチミーティングの定例化 + α
 素晴らしい。

 さらには、部員達へ「学年別ミーティング」
「ポジション、パート別ミーティング」の重要性を
事有るごとに説いていただき、定例必須化して
いただきたいもんです。
(特に1~2年目の部員向け)

「準備なき勝利は、意味無し。」
(後の反省に繋がらない)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。