スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我と弁当てめえ持ち

(mixiより転載)

現役生のみなさん 「怪我と弁当てめえ持ち」という言葉をしってますか?

2回生以降はもちろん知ってることと思いますが(笑)

オレの好きな言葉のひとつでもあります。名将の名言だと思います。


今年からアメフト復帰、しかもXリーグ1部に挑戦している
おっさんフットボーラーとさっき電話で話していました。

明後日、試合があるそうです。話しを続けていると、

「おっさんからの挑戦は体がきついよ(笑)、あばらにヒビ入ってるし、ハムストリングもいきかけてるしね(笑)」

と話していました。

この会話で、やっぱりこれからXに挑戦しようとするやつは違うな!!と感じました。

現役生のみなさん。何がすごいかわかりますか?

彼は、あばらにヒビがはいっていて、ハムストリングがいきかけてるのに、
〝2日後に試合″の欠場が全く頭にありません。
笑いながら怪我の話しをしています。
全然気にしていません(笑)

こういう風に〝ばか″であることが、〝すごい″なって思いました。


何も無理をしろっていうわけではありません。

現状を受け入れ、自然にアメフトに向かう姿勢が素晴らしい事だと思います。

そんな姿勢をいい表している言葉が、


『怪我と弁当てめえ持ち』

なのです。

意味深い言葉です(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

雑談

そこまで考えてもらうと、嬉しいやら
こそばゆいやら・・・
ただ、少々深読みしすぎだろ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ちわっす。鈴木監督と同期の木村と言います。面白い記事見たのでコメントさせて頂きます。

まずは「藤尾!頑張ってね。QBクラブの大坂さんも応援してるよ☆」


>『怪我と弁当てめえ持ち』
>こういう風に〝ばか″であることが、〝すごい″なって思いました。


わかる・・・v-7

実は私も現役時代におバカなエピソードがあるので紹介します。

某整形外科へ行った際でした。

私『先生、膝のサポーターを特注で作りたいんですが。』

先生『どれどれ・・・。了解。
   
   ところでアメフトやってるんだ。他にケガとか気になる所はないの?』

私『左手がちょっと。ベンチプレスを持った時に痛いんです。70Kg以上が痛くて持てなくて・・・。』

先生『どれ、診せてみて・・・。これ、左の舟状骨折れてるよ!なんでほっといたの!?膝より手が悪いでしょ!!!明日手術するから!いつからなの?』

私『3~4ヶ月前位の試合の後からです。」

先生『程があるでしょ!!!」

私『気のせいかとばかり思ってました・・・』


何故か私の周りはおバカが多く、指が折れてる?のをテーピングで治す人。

膝が痛くてもボルタレンで誤魔化す人。

などなど。

阿呆だらけでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。