スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備のスポーツ

(mixiより転載)

先日の甲子園ボウル。

やっぱり大学の最高峰のチーム同士の戦いだけあって見応えがあります。

夜な夜な何回見ていることか…(笑)

(どういう視点で見ているかが気になった部員がいたら、空いた時間にでも昔のオレの日記を見てみて下さい。)

今期の関学の試合はvs京大、vs立命と見ることができました。
一方、日大の試合はvs法政 vs早稲田 vs明治と見ることができました。

数試合でもシーズンの試合を見てから

『甲子園ボウル』を見ると、また、違った見方ができることがあります。

(かってに両チームのスタッフ目線で妄想したりしますw)

もちろん、両チームともこの試合にかけて全力を尽くしていたのは言うまでもないと思います。

その大前提のもと

今回、すごいなと思ったのは関学の“準備”です。

特にオフェンスを見ていると、とても“準備”が感じられました。
(もちろんD・Kもですが)

そして、それをグラウンドでやりきる。

この流れが勝利という結果につながったんだなと思いました。

立命館との試合を見た時も、同じように思いました。


あらためて

アメフトは準備のスポーツであることを実感。

選手・MGR・スタッフ一丸となってみんなでしっかり“準備”をしましょう!!
そしてそれをやりきりましょう!!

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。