スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビンス・ロンバルディ

(mixiより転載)

説明不要なとても有名なヘッドコーチです。

彼の言葉で

『 Winning is not everything; it's the only thing 』
 (最も重要なのが勝利ではない。(試合には)それだけしかない)

という有名なものがあります。

オレはこの言葉が好きです。

意味はいろいろ解釈できます。

とにかく〝勝つ″以外に意味はない。ともとれるし、
勝利への意欲こそが比べものにならないほど重要なものだ。ともとれます。

どちらにしても、とにかく勝ちに執着する。激しい闘争心。といったことが表されている素晴らしい言葉だと思います。

欧米生まれのスポーツ、例えばサッカーやラグビーは全力をつくすことに意味があるとも言われると思います。

しかし、アメリカンフットボールはとにかく勝ちにこだわります。
たとえ全力をつくしても負ければ意味がありません。
もっと言えば、アメフトにおいて負ければ、全力を尽くしたことにはなりません。ただ単に自分たちが〝弱かった″だけです。
オレはそう思っています。

俺らがやってるスポーツはこの〝アメリカンフットボール"です。

とにかく勝ちましょう!!

勝つための最善の努力をしましょう!!

常に全力を尽くしましょう!!

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。