スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終節を終えて~今後のこと~

OBの広瀬です。

本日,最終節,室蘭工業大学戦を応援に行ってきました。

結果は
北海道医療大学 0-0-0-0=0
室蘭工業大学 6-0-0-0=6

0対6で負けました(2勝2敗)。
2部リーグ最終順位は2位という結果で,秋季リーグ戦を終えました。
現役部員,スタッフの皆さん,本当にお疲れさまでした。

さて,ここからは個人的なことですが
このチーム応援ブログも,秋季リーグ戦終了に伴い,終了いたします。
今後は,個人でチーム応援のホームページを開設し
そこでチーム情報(あくまで応援者として)を発信していきたいと考えています。

最後に,一人のOBとして申し上げます。
今後ともチームをどうか宜しくお願いいたします。

広瀬 慎一(2008年引退OB)

ブログ用写真 
スポンサーサイト

最終節に向けて

OBの広瀬です。

先週10/14の練習を見学してきました。
オールネイビーで揃えた練習着は,見ていて大変気持ちのいいものです。
大げさかもしれませんが,さまざまな期待もわき起こってきます。

チームや個人の成長において
あらゆる刺激(状況)に対して「鈍感になること」ほど恐ろしいものはない。
と,個人的に思っています。

そのような感覚は蔓延し,いつの間にか「当たり前のこと」になってしまうからです。
細かいことであっても,すぐに蔓延します。

「今までそれが当たり前だったから」は,行動を維持する理由になりがちです。
そうではなく,細かいことであっても,「今までの当たり前」と丁寧に向き合い
行動の意味を考えていくことが大切だと思っています。

話は変わり
10/15に釧路公立大学が3勝目を挙げ,最終節を待たずして
2部リーグ優勝と1部2部入替戦の出場を決めました。
その結果,チームの入替戦への道も潰えました。

現役部員はいま,さまざまな振り返りをしながら
最終節へ向けての準備を進めているのではないかと思います。
応援者としては,次につながる最もよい機会になることを願っています。
今年のチームの良いところを全てぶつけてください。

【最終節:室蘭工業大学戦】
2016年10月23日(日)13:00~
北海道医療大学グラウンド

20161015_102342.png 
20161015_111326.png

20161015_104937.png

20161015_113708.png

秋季リーグ第3戦 勝利!

OBの広瀬です。

10/2北海道科学大学との試合を応援に行ってきました。

結果は

北海道医療大学 7-20-14-25=66
北海道科学大学 0-0-0-0=0

66対0で勝ちました(2勝1敗)

1年生は,フットボーラーとして着実に力をつけていますね。
その調子で次節も頑張ってください。

試合では,どうしても自分と同じ番号の選手を見てしまいます。笑
その選手はLINEのリーダーなのですが,手本となるプレーで
チームを引っ張っていたと思います。
「ダウンフィールドのブロックがうまくなったなー」
と勝手に心の中で思っていました。
もちろん,他のLINEもよく頑張っていたと思います。

次節もLINEが引っ張る試合を期待しています!

【次節:室蘭工業大学戦】
日時:10月23日(日)13:00~
会場:北海道医療大学グラウンド

科学戦2016③ 

科学戦2016①

科学戦2016②

3枚目の写真。手前のタッチダウンも素晴らしいが
#74の選手の最後まで粘り強いブロッキング。素晴らしい。

秋季リーグ第2戦 勝利!

OBの広瀬です。

9/18に秋季リーグ第2戦の東京農業大学との試合を応援に行ってきました。
今回の会場は帯広畜産大学グラウンド。天気は雨。

結果は

北海道医療大学 0-7-7-7=21
東京農業大学 0-3-0-0=3

21対3で勝ちました(1勝1敗)。

【次節:北海道科学大学戦】
日時:10月2日(日)13:00~
会場:札幌大学グラウンド

東農戦2016② 

東農戦2016①

秋季リーグ初戦―大敗

OBの広瀬です。

9/4に秋季リーグ初戦の釧路公立大学との試合を応援に行ってきました。
結果は,下記のスコアで「大敗」です。

北海道医療大学 0-0-0-0=0
釧路公立大学 19-0-2-12=33

私自身は,試合を客観的かつ適切に評価することができませんので
試合内容について何も言うことはありません。

スコアについて,もちろん残念な気持ちはありますが
「なんとか這い上がってきてほしい」と祈ることしかできません。
OBとして,今までと変わらずに応援を続けていきます。

現役生を含め,チーム関係者には,多くの「人の目(意見)」が
届いているのではないでしょうか。

「今回の結果について周囲からどう見られているのだろうか」

そのような「人の目」を避けず,しっかりと受け止め,くり返し考え
チームとして邁進する力にしていただきたいです。

釧路戦2016 

釧路戦2016 主将

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。